交通事故治療なら八潮市口コミ1位の整骨院

交通事故に遭遇してしまった場合、どうも自分のカラダは大きなけがをしていないように見えても、暫しすると、カラダに痛みや違和感などが現れてしまうことがあります。

こういうむちうち症状は、放置してしまうと、さらにひどくなってしまうので、早めに適切な手当を受けることが非常に重要です。

総合病院や整形外科でレントゲンを通じて診断してもらい、骨に問題がないかどうかの検診はさっそくするべきですが、その診断で問題なしといわれても、整骨院で骨格や関節のズレを調べてもらうことも大切で、レントゲンでは写らない筋肉や靭帯の問題を治してもらうことができる。

八潮市や、三郷市、足立区で交通事故療術を数多く扱ってきている日の出整骨院は、長引くしんどいむちうちも短期間で治している整骨院としても有名で、吉川や松戸などの遠方から通われている患者さんも数多く、整体療術、骨格治療では、他院を上回るスキルの高さである。

個人個人の患者さんの全体をくまなく丁寧にチェックし、ズレやユガミを的確に調べだし、治療をしていくので、カラダは規則正しい骨格の状態を保てるようになり、筋肉や靭帯に無駄な負荷をかけなくなります。

マッサージは骨格のズレを治した後に行うもので、そのままでは、その時だけマシになったように感じても、一気にまた痛みがぶり返してきてしまいます。

日の出整骨院では、事故の状態を聞き取りながら、経験豊富な院長が患者さんオリジナルの施術を組み立てていくので、痛みのないカラダを取り戻せます。

埼玉県内八潮市における日の出整骨院は、おもに八潮市や三郷、足立区などから整体療術を受けに来る人が多いです。

極めて評判がいい整骨院で、とある口コミサイトでは八潮市一位を獲得しています。

日の出整骨院はとくに交通事故療術を専門分野としています。

交通事故の後遺症として多いのがむちうち症ですが、一般の総合病院や整形外科ではむちうち症の療術はどうにもむずかしい場合が多いです。

しかしむちうち症は放置しておいても良くなることはきわめて稀なので、できるだけ素早く治療をするべきです。

交通事故後の頭痛や肩こり、吐き気、疲れなどは、もしかしたらむちうち症の可能性があります。

むちうち症は事故により骨格に狂いが生じて起こるものですから、改善させるには歪んだ骨を元のセッティングに戻してあげる必要があるのです。

骨格のズレは人によってまちまちですから、その人にきちんと当てはまる整体療術を行うことが大事です。

日の出整骨院では、施術前に治療に対する話し合いを行うので安心です。

患者さんのお悩みに対して正確に耳を傾け、その上でベストな療術内容を構築していくというのが日の出整骨院流の治療だ。

また、整体療術というと「痛そう」という直感を持つほうが多いですが、日の出整骨院では骨をボキボキしたり、いたい手法をすることはありません。

ソフトな療術方法で、高い効果を望めるような施術を行うので安心です。足立区西新井のファミリア整骨院 整体・骨盤矯正

柔道整復師になった目的とは?

よくある柔道整復師は

保険が使えるから資格をとったという。

骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷のみなはずなのに。

肩こりでも慢性腰痛でも保険が使えると思って柔道整復師の国家資格をとるらしい。

それは残念な柔道整復師のパターンだといえる。

目的、動機が不純すぎるからだ。

そもそも

柔道整復師である前に、鍼灸師でもマッサージ師でもたとえ医者であっても治療家、医療人たるべき。

なぜ

ヒトの体を治す職業についたんだろう?

体を治す職業につきたいと思ったならまだ、目的としてはいい。

しかし

患者を治すために保険を使うから柔道整復師になった人は何となく多い気がする。

そして

そんな人で溢れかえった整骨院業界。

新しい柔道整復師のカリキュラムには医療倫理とかも含まれるという。

道徳とか倫理とか僕ら日本人はどこに置いてきたんだろう。

柔道整復師を叩きたいとか、批判したいわけじゃない。

あるべき姿に戻すべきだと思っているだけ。

どれだけ本気で患者を思って治したいと思っている柔道整復師がいるんだろう?

治療院業界に入った時はみんな志があったはず。

これからの時代は医師も柔道整復師もすべての医療人が日本の国家予算を圧迫し続ける医療費の削減に取り組まなければならない。

本物の治療家は国を治す。

今後の日本というひとつの会社をひとつにして、住みやすい国にする。

理想論のようだが、もうすぐそこまでその時代はやってきている気がする。

これを読んだ柔道整復師はもう一度考えてほしい。

何のために柔道整復師になったのかを。

何のたまに治療家になったのかを。